ニュースNEWS

2021.3.13お知らせ

2歳児 わかば組 ~草木染をした布で桜の木を作っています~

 わかば組で取り組んできた「給食のお手伝い」の集大成として、子ども達が剥いた玉ねぎの皮を使って草木染めを行いました。子ども達は保育室に設置したコンロや鍋を見て期待を膨らませ、目をキラキラさせながら観察する姿がありましたよ。水に布の色が変わっていく様子を間近で見て「こっちが薄いね」「これはおいしいにおいがする」等と友達と発見を楽しんでいました。

感触や匂い等五感を存分に使って草木染を楽しんだ後は、染めた布を使って保育室に大きい桜の木を製作することにしました。小さく切った布をボンドで貼り、さくらの花ははさみやクレヨンを使って作っていきます。作るたびに桜の花が増えていく様子を喜び、完成を楽しみにしている子ども達です。

  一年間を通して行ってきた「お手伝い」はカレンダーに食材の写真を貼り、子ども達がいつでも見られるようにしています。桜の木が完成したら、子ども達と振り返りの時間を作り、食への関心を深めていきたいと思います。