ニュースNEWS

2021.4.24お知らせ

1歳児 ふたば組 ~友達との関わりを楽しんでいます~

 それぞれが好きな遊びを見つけ楽しむ中で友達へ興味も深まり、積極的に関わる姿も増えています。

保育者と「どうぞ」「ありがとう」等といった簡単なやり取りを繰り返ししていくと、子ども同士でもそのやり取りが自然と生まれています。砂場では、器やコップに砂を入れて調理を作っては、「はい」「どうぞ」と友達に渡そうとする姿がありますよ。相手の友達は、嬉しそうに手を伸ばしたり、お礼を言うようにお辞儀をしたりしています。表情や仕草と言った言葉以外の表現でも友達と盛んにやりとりを楽しんでいます。

また、友達の姿に刺激を受け、一緒にやってみようと遊びに参加する姿もありますよ。フープを持ち電車やバスになりきると、友達の後をついていきみんなでお出かけしています。

トンネルくぐりは、はじめ様子を見守る姿もありましたが、トンネルの中で「おいで」というように手招きされると、追いかけて楽しんでいましたよ。

これからも保育者が仲介しながら、友達と遊びを共有する喜びや楽しさを感じられるよう関わっていきます。