ニュースNEWS

2021.7.3お知らせ

1歳児 ふたば組 ~遊び歌を楽しんでいます~

 梅雨の時期ということもあり、室内での活動が増えています。ふたば組では、曲に合わせ、友達や保育士と体を動かすことを楽しんでいます。

中でも子ども達のお気に入りは、『さんぽ』や『バスごっこ』の曲です。

『さんぽ』の曲では、はじめは一人や保育士と一緒に歩くことが多かったのですが、少しずつ友達と手を繋いで一緒に歩こうとする姿が見られています。今では音楽が流れると、自然に友達に手を差し出し、”手を繋ごう”と伝える場面が増えています。また、歩いている間も笑いあったり、お話しする子ども達です。

『バスごっこ』では、保育士が運転手になりきり、ハンドルを握っているように見立てている様子を見せると、子ども達も一緒になってリズムに合わせて体を揺らしたり、歌ったりなど模倣を楽しんでいます。「ゴーゴー!」の歌詞のところでは、一緒に口ずさみながら、右手をグーにして腕を上げ、とても嬉しそうな表情をしています。

これからも子ども達が楽しめる遊び歌を増やしていき、室内での遊びを充実したものにしていきたいと思います。