ニュースNEWS

2020.12.19お知らせ

ふたば組 1歳児 ~手洗いの様子~

 ふたば組では入園当初より、戸外遊びの後や食事の前に保育士と一緒に手洗いを行ってきました。また、みんなで「ゴシゴシ、カメさんカメさん」と手遊びに交えながら、洗い方を伝えてきました。

最近では、進んで手を洗おうとする姿がよく見られ、自分で衣服の袖をまくり上げて、手洗いの準備をしています。

手に泡をのせると両手をこすり合わせ泡立てます。「カメさん、カメさん」や「キュッキュッ」と言葉にしながら、手の甲や指の間、手首と丁寧に洗っていきます。

水に触れることが大好きな子ども達ですが、この日も「泡気持ちいい」「冷たいね」と楽しんでいる様子が見られました。

時には、遊びになる事もありますが、最後は「ばい菌バイバイ」と言いながら流し、自分のタオルで拭いてスッキリとした表情を見せてくれます。

「お手々、いい匂いになったよ」と、きれいになったことを実感している子ども達です。

この時期は、様々な感染症が流行しやすい時期でもあります。

これからも子ども達の手洗いが習慣となり、感染症を予防し健康に過ごしてほしいと願っています。