ニュースNEWS

2020.12.26お知らせ

さくら組・もも組 3・4・5歳児 ~クリスマスおたのしみ会~

 5歳児が秋にパン作りを行いました。その経験を基に工作でパンを作ったり、未満児さんを招待してパン屋さんごっこを開きました。その中で、役にになりきる楽しさを感じている子ども達の姿を見て、劇遊びへと繋げていきました。

 そして、12月19日に感染対策を行いながら、クラス毎に「せかいいち おいしい もりのぱんや」というオリジナルの劇を発表しました。

 この劇は、可愛らしい小人達が営む、「せかいいち おいしい もりのぱんや」さんから、様々な動物が自分に合うパンを買いに来るという物語です。

 劇は、年少・年中・年長と3学年が一緒に取り組みます。その中で、子ども達は、本番に向けて、各グループ毎に「ここは、こんな風な動きはどうかな?」「決めポーズこんなのはどう?」等と5歳児を中心に話し合いを進めていきながら一緒に考えている姿が見られましたよ。

 劇の中に出てくるパン屋帽子、背景は子ども達が一つ一つ丁寧に作り、台詞やポーズにも様々なアイデアがたくさん詰まっているものとなりました、¥。

 少しずつ練習を重ねていく中で、意欲が高まり自信を持って取り組む姿が見られるようになってきました。当日は、いつもとは違う雰囲気に不安そうな表情を見せる子も見られましたが、保育者の声掛けや周りの友達の顔を見て安心し笑顔を見せてくれましたよ。

 ステージの上で堂々と表現する子ども達の姿に逞しさや力強さを感じ感動しました。

この経験を通して感じた一つの物を作り上げる楽しさや、達成感を大切にしていきながら、今後も、子ども達と笑顔で関わっていきます。